スポンサーリンク

水都大阪 水の都として栄えた大阪 大阪クルージング 八軒家浜 なにわの三大橋

スポンサーリンク

水都大阪 水の都として栄えた大阪 大阪クルージング 八軒家浜 なにわの三大橋

水運に支えられ水の都として経済と文化が発展してきた大阪

16世紀の終わりごろ、豊臣秀吉が大阪を首都にする構想を抱え 都市計画に着手
大阪城の西側に外堀として東横堀川を開削 船場を中心に「水の都」と呼ばれる街の原型を築きました。

東横堀川の水門は、水位を合わせるためのもので水が放水されている間は水門が下がりきってないという信号の代わりになっています。

江戸時代から浪華の八百八橋と呼ばれ数多くの橋が架けられ地名や駅名に名称付けられたりしています。
実際に架けられていたのは200カ所ほどで、その内幕府が架けた橋は12カ所だけで大阪の橋の9割は、町人が架けた橋です。
初代の淀屋橋は、江戸時代の日本一の材木商だった淀屋によって自費で架けられた。

大阪市の市章は、澪標(みおつくし)と言われるもので、入江に標識がっていた水路の標識です。
明治27年に大阪のシンボルにしようということで大阪市の市章になった。

河川や海などをバスタブに見立ててパブリックアートとしてアヒルなどを浮かべたのは2009年に登場して話題になりました。

なにわの三大橋
奈良時代、日本の僧・行基が架けたといわれている「難波橋」
1594年に架けられたといわれている「天神橋」「天満橋」

道頓堀の下流の皮幅広くなっているのは、江戸時代に河岸の土砂を使って周辺を埋め立てたため。
低地で湿地帯だったミナミ周辺を埋め立てるた㎡大量の土が必要だった。

WANDER CRUISE PARTY

道頓堀川のリバークルーズが大人気
料金 1800円 900円(6歳~12歳)

天満橋の船着き場「八軒家浜」な目の由来は?

川の駅:八軒家 Green Cafe 川の駅 はちけんや店:食べログ

江戸時代 京都ー大阪間を結ぶ船の発着場として栄えた場所
水都大阪のシンボルとして2008年にふたたび開港

八軒の船宿屋(旅籠)があったのが由来といわれています。
熊野街道の木点しても使われていた。

天神橋方面は、パリの風景をイメージしていて”ノートルダム大聖堂のシテ島”をイメージしている。

日本 歴史 伝統・伝説
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
じゃんくすと~り~

コメント