スポンサーリンク

なぜ仮面ライダーは、バイクに乗ってるの?

スポンサーリンク

なぜ仮面ライダーは、バイクに乗ってるの?

ちょいワルに見せたかったから!

石森プロ オリジナルスーパーバイザーの話

仮面ライダーは、1971年から放映が開始
仮面ライダーは、当時からバイクに乗っていた。

これは、仮面ライダーの生みの親である石ノ森章太郎先生のある思いから生まれた。

石ノ森章太郎は、「サイボーグ009」「人造人間キカイダー」など数多くの人気作品を手掛けた日本漫画界のレジェンド

石ノ森先生が仮面ライダーに求めたものは…それは「陰」

石ノ森章太郎が仮面ライダーと影について話したこと
世の中の景気がだんだん良くなってきたので都会なんかから全く暗闇が亡くなった。
綺麗になりすぎた世の中でちょっつと毒もあるといいますかね
暗くても正義を守るヒーローが誕生しうるんだという、そういう可能性を併せて考えた。

仮面ライダーの内側に暗闇を求めた。

仮面ライダーは、悪の組織から望まれぬ手術を受け改造人間になる。
その自信の葛藤なども描か枯れている。

強くてかっこいいだけではなく心に影を持った新しいヒーロー像だった。

その陰とバイクはどう関係するか?
当時の社会情勢が大きく影響する。

仮面ライダーが登場した当時、カミナリ族というバイクに乗る若者が社会問題に、なった。
集団でバイクに乗りカミナリみたいな騒音を起こしていた。
当時、バイク=ちょいワルのイメージ

時代は池田家を考えるとヒーローがバイクに乗るという事は、あまり好まれていなかった。

石ノ森先生は、あえてちょいワルなバイクに乗せ陰を抱えた存在だと強調した。

仮面ライダーのバイクは、陰があることを強調するアイコンとして誕生

仮面ライダーのオープニングでは、影を抱えたヒーローをイメージを印象付けるため終始バイクに乗っている映像が使われていた。

仮面ライダーの見た目にも大きな特徴を付けた。
バッタ=仮面ライダー

仮面ライダーがバッタとなるまでに多くの別案があった。
デザインにも影の要素を感じさせるためにドクロをモデルのデザインなどもあった。

ドクロは、子どもたちが怖がるということもあり他を模索

集められた資料の中に昆虫図鑑があり、バッタに非常に興味を持ち、最初にデザインしたドクロのデザインにも似た特徴のある非常にダークなイメージのバッタのデザインにし、当時5歳の息子にデザインを見せたらバッタの絵に非常に興味をもちデザインが決定した。

バッタがモチーフになったことで仮面ライダーは、大自然をつかさどるヒーローとしてベルトの風車に風邪を受けて変身するアイデアが生まれる。

風邪を受けるアイテムとしてバイクがさらに欠かせないものになった。

仮面ライダーがバイクに乗る伝統は、誕生から50年経つ今でも脈々と引き継がられている。

知っ得・雑学など
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
じゃんくすと~り~

コメント

タイトルとURLをコピーしました