詐欺まがいの手口で法の抜け道を悪用する案件が横行!?宮内庁御用達・原材料表示・エステ店の料金表示

スポンサーリンク

詐欺まがいの手口で法の抜け道を悪用する案件が横行!?宮内庁御用達・原材料表示・エステ店の料金表示

宮内庁御用達に気を付けろ!?

しばしば見かける宮内庁御用達の食品や酒など様々なものがありますよね?

この誰でも名乗ることができるそうです。

「宮内庁御用達」は。1891年に施工された制度の名前
当時は、宮内庁の役人が御用達を名乗っていい業者を厳正に審査しお墨付きを与えていました。

この「宮内庁御用達」制度、1951年に廃止されています。
つまり、それ以降に御用達を名乗り出しているところは、すべて勝手に名乗っているそうです。

法律の抜け道
商品の表記で罰せられるのは
品詞や効能・効果にかかわることだけ!

虚偽の表示をして罰せられるのは、それが品質にかかわることなら「景品表示法」で罰せられるのですが…
「宮内庁御用達」は、品質にかかわることではありませんので使うことができます。

勝手に宮内庁へ商品を送り付けて名乗る業者は、まだいい方ですが…
難のやり取りもせずに勝手に名乗る業者もいるそうです。

でも、法律で罰することはできないようです。

原材料表示に気を付けろ!?

百貨店などで要売られている高級チョコレートケーキ
特に問題ないように思いますが…

原材料名表示欄をみて
原材料/チョコレート(ベルギー製造)書かれていることがあると思いますが…
実際にベルギーで作られていますが、チョコレートの原材料のカカオは何処のものかわかりません。

原材料の中にチョコレートのような加工品が含まれる場合、
製造地さえ書けば、そのもののカカオの記載をしなくくてもよいのです。

それ悪用し、品質の悪い国の安いカカオを使用し、チョコレート大国ベルギーで製造し、それを使い日本でケーキ化、高級チョコレートケーキとして販売!?

原材料ロンダリング!?

チーズケーキや 総菜パン、プリンなど色んな商品にこの手法が使用できます。

原材料表記にご注意を!

結果、美味しいと思えたらいいんですけどね…

エステの料金表示に気を付けろ!?

詩碑度は目にしたことのある

今ならお得 美容脱毛6回 10万円!
などのサービスをうたっているチラシなど有りますよね!?

エステ店の場合保険適用の医療行為とは違うので、初回だけ安い値段で設定しておいて回数を重ねるごとに料金を上げていく手法を取ろツオころ多いですよね!?

1回だけなら体験だからそんなものかとも思いますが…

6回コースともなると 6回ですべてが終わり10万円で終わるなら安いかと思いがちですが…
6回で終わりません!?

6回目の施術が終わったときにひょっとしたら後遺症が残るかも?と不安を与え、あと4回で完璧に治療が終わりますと継続治療を促し契約させようとします。

追加の契約には料金表示する必要がありません!!

ですのであなたは、勝手に6回で10万だし、4回で10万くらいかなとか?そんなに高いとは思いませんよね!?

もう少し通って完璧にしたいという願望もでてきますし…

ですので、そのままサインして契約をしてしまいます!?

6回で10万でも 背述語

7回目は、1回7万円
8回目は、1回10万円
9回目は、1回13万円
10回目は…1回15万円と勝手に決めていいのです。

そして、あなたは気付かないままに50万円の請求が来てしまいます。

アナタは、契約書にサインしていますので払う義務があります。

エステ店は、特に法律違反はしていません。

弁護士曰く、びゅおいんでの脱毛なら だまされることはないそうです。

ですのでエスス店での追加治療の場合は、必ず料金を確認するか…
6回が1コースなら、このコースで完璧に終了するかの確認ともし追加が出るならその追加の料金も確かめてからサインしましょう!

 

 

あくまで一例ですので、全部がこの抜け道を利用しているわけではありません。

知っ得・雑学など
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
じゃんくstory

コメント