恐怖 人の記憶は簡単に書き換えられる。あなたの思い出は大丈夫?人によってつくられたものかも

スポンサーリンク

日本の研究グループが記憶の書き換えに成功!?

脳に残る恐怖の記憶を無意識の間に書き換えて和らげる手法を開発したそうです。

関西医科大学 生命医学研究所 小原 圭吾の話によると
嫌な記憶やトラウマは消せないといわれてきていましたが・・・

脳が恐怖を感じた際にお金を渡すとその症状が収まる・・・という研究結果が・・・

お金で恐怖の記憶が薄まるということが分かった・・・そうです。

結局、お金さえあれば何でも買えちゃうんですね。
地獄さ恩沙汰も金次第!?

人の心も感情も記憶も金次第か・・・

新聞にも掲載されていることですので大体合っていると思いますが・・・

消したい記憶も消せないで苦しんでおられる方もいると思いますので・・・
専門の所で話を聴くか・・・そんなあほなで流してください・・・

恐怖、簡単に人の記憶は書き換えられる!?

MP人間科学研究所 代表 心理学者 榎本博明さんのお話

記憶はウソをつく (祥伝社新書 177)

新品価格
¥821から
(2018/4/18 08:33時点)

 などの著書アリ

みなさんも自分の脳の中の記憶は正しいと思われていますよね!?
実際、過去に経験したことや見たことなどですよね?

でも、最近の研究で国は必ず真実ではないということが明らかになっているそうです。

例えば・・・
奥さんや彼女、親友などにあそこ行ったよね、あれ覚えてるよね!?
行ったとき・・・
?? 私知らんよ・・・俺は知らんは・・・ナドナド・・・

これ・・・どっちかの記憶が間違っている・・・・?
単純に忘れているだけかもしれませんが・・・

これ記憶が改ざんされている可能性があるそうです。

記憶というのは・・・

写真やビデオのように固定されているものと考えがちですが・・・

起った時点で固定されるのではなく思いだす時に作り直される側面がある。

記憶の植え付け実験

アメリカでも菊の植え付け実験は色々されているみたいで・・・

  • アメリカの認知心理学者が行ったショッピングモール実験

成人した被験者に
親「5歳の時ショッピングセンターで迷子になったこと覚えてるかい?」
 そんな事実はありません。もちろん
被「覚えてないよ・・・」
親「ポロシャツを着た親切な老人がお前を母さんの所まで連れてきたじゃない
 暑い日でお前が泣きやんでからアイスクリームを一緒に食べたんだ」
 などなど色々、架空の話を積み重ねていくと・・・
被「あ、そうだ・・・思い出したよ!」
 ない記憶の話を思い出します・・・ウソなのに・・・
被「あのおじいさんが来ていたのはポロシャツじゃなくてTシャツだよ」
 などとないはずの話を勝手に作り出し話しの修正もし出したりします。
被「母さんが何度も頭を下げてお礼を言っていたよね。」
 などと出来事の細部なんで捜索しだしたりすることもある・・・

実験で明らかになった恐ろしい事実

冤罪事件などたくさんありますが・・・

目撃証言などの話でも話の聞き方、言わせ方などによって
証言が真実から曲げられたり、誘導されてしまっている可能性もある。

犯人がしてもない犯罪をしてしまったと白状してしまうのは・・・
こういう事もあり得る事なんでしょうね・・・

もしくは、この手法を知っていて誘導していることもあるかもしれませんね。

皆さんが思っている以上に記憶は簡単に塗り替えられてします事もあるそうです。

特に力関係がはっきりしているときや信頼している人の話などは、合わせている内に記憶がすり替わっているかもしれません。

テレビでの簡易的な実験では、記憶がすり替えられていました!?

うわさやデマ・・・

この記憶のすり替わってしまった人が真実だと思って他言して
間違ったことが広がるんですね。

掲示板、雑誌など正確ではないものを人によって感じ方が違うので
あたかも自分が見たこと聞いたことのようにしゃべっている人もいますしね。

嘘を嘘と見抜けない人がインターネットを使うのは難しい・・・

事件が起きた時の間違った相手への私刑
デマを流している人も確信犯だから手に負えないですよね・・・?

確信犯:自分の道徳・宗教・政治・経済などの理念を確信して実行される犯罪である。

すり替えを防ぐ方法

  • 情報のソースをはっきりさせる。
  • 日記をつける
  • 出来事の回想する癖をつける。

コメント