スポンサーリンク

呪術廻戦 考察 慶長の御前試合 内通者は京都校学長・楽巌寺嘉伸

スポンサーリンク

呪術廻戦 考察 慶長の御前試合 内通者は京都校学長・楽巌寺嘉伸

「慶長の御前試合」

妄想の域を出ないが…

現夏油のメロンパン
150年前には加茂憲倫…

どちらかというと五条家に反する人物を転々としている!?

慶長年間に行われた御前試合で当時の五条家当主と禪院家当主が相討ちで死亡
1596年から1615年=安土桃山時代と江戸時代

御前試合
武家時代、将軍や大名の面前で行った武術の試合
また、天皇の前で行う試合や天覧試合のこと

模擬戦は、実際の戦闘を模倣した擬似的な戦闘行為

この試合で殺し合いまで行くというのもおかしなことだと思います!?
やり始めたらムキになっちゃったて話でもないと思いますし…

宿儺の指が1本足らない的な話もありますが…定かではありませんが
もしかしたら禪院家が五条家に劣るために受肉していて暴走した・・・
これは、可能性低そうですけど…!?

当時の禪院家当主は、500年前のメロンパンなのではいでしょうか?
それでも勝てず…
もしくは、両方とも消し去るために…!?

布瑠部由良由良・八握剣異戒神将○○○を出して相打ちにした。
が、メロンパンは特に死ぬことはないですよね?

「内通者は京都校学長・楽巌寺嘉伸」

内通者は、楽巌寺嘉伸なのかな?

上層部の人間が少なすぎますよね

少なすぎてどれでもありそうな展開
まったく知らないやつが内通者と言われて”はぁ?”なるし…

虎杖悠仁を偽夏油が作ったのなら、手元で育ててもいい気がするし
偽夏油になってから虎杖は呪術高専に通うことになるので偽夏油なら虎杖を引き込めるようにも思える。

でもそれをしないのは呪術高専側、五条の手元に置いている方が安全とうこと
禪院直毘人と密接になるには虎杖悠仁は関係ない立場の方がい都合がいい!?

五条に預けている方が安全な上、五条が育て上げ五条の事を知り尽くせるので宿儺が決闘時に対策できる。

そのまま宿儺になるにしてもメロンパンが乗っ取るにしても。

楽巌寺嘉伸は、関東圏で起きてる事件を把握しずらいから、内通者の線は薄そうですけどね。

夜蛾正道(やがまさみち)
楽巌寺嘉伸(がくがんじよしのぶ)
天元(てんげん)

禪院直毘人(ぜんいんなおびと)
真希、真衣の高専での処遇に口を出せるので一応上層部か?

五条家当主
加茂家当主 もいるだろうけど現在では出て来ていないし。

死刑執行を通達している人などもう少し表に出ない上層部があるみたいですね!?
その辺が出てくる可能性があるのか

135話現在までは

呪術廻戦
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
じゃんくすと~り~

コメント

タイトルとURLをコピーしました