ハーバード Harvard Universityが絶賛する日本の企業4/4 JR東日本テクノハートTESSEI

スポンサーリンク

ハーバード Harvard Universityが絶賛する日本の企業 JR東日本テクノハートTESSEI

JR東日本テクノハートTESSEI

ハーバード大学経営大学院の必須科目に取り上げられる企業

新幹線の車両清掃会社
東京駅の新幹線ホームで7分間の作業
車両・トイレ清掃 ゴミ出し
座席のカバーの交換 忘れ物をチェックを完璧に済ませる。

お掃除のプロ集団
スピードや技術の高さから 7分間の奇跡とも

でもハーバードが注目するはそこではない。

経営大学院の必須科目の理由

技術力の高さからではなくハート

TESSEIの仕事はいわゆる3Kの仕事
13年前まではスタッフの士気は低く離職率は高かった。

そこで改革のメスを入れたのがJR東日本から出向されてきた
 矢部 輝夫(当時取締役) まずしたのが・・・

  • 現状把握のため現場の視察を繰り返した。
  • 意識改革 掃除の人ではなくメンテナンスの清掃担当
    技術者としての認識させていくため数年にわたり言い続けた。
  • ユニフォームを刷新
  • 現場主義 現場からの意見を尊重
  • TESSEIのような「現場発信型」のリーダーシップが
    多くのサービス業に取り入れられている。

    TESSEI独自の清掃道具も多く開発されてきた・・・

    お金だけでは人のこころはつなげれない・・・
      経営の本質を教えているそうです・・・

    トヨタ自動車にも・・・

    トヨタも現場からアイデアをあげる
     「カイセン」というシステムがあるそうです。

    ホンダがスーパーカブが売れた戦略とは!?

    1959年 ホンダがスーパーカブをアメリカに進出させ
    成功を収めた戦略は・・・

    当時、特にバイクはアウトロー乗り物と思われていた。
    そこでスポーツ用品店に商品を並べ女性や手軽に色々な用途で使っているシーンなど
    スタイリッシュな宣伝うって今までバイクに縁のなかった層まで取り込みことに成功した。

    スーパーカブは今年で発売して60周年
    世界各国に10億台販売した記念の年です。

     

    作家・コンサルタント 佐藤智恵さんのお話

    ハーバード日本史教室 (中公新書ラクレ)

    新品価格
    ¥886から
    (2018/4/13 08:08時点)

    ハーバードで人気の国・日本など

    コメント