あなたの知らない植物の世界!人間より賢い!?植物の生存戦略

あなたの知らない植物の世界

ロシアの永久凍土から植物の種子が見つかった。
この種は、氷河期にリスが埋めたとされているもので
調査の結果32000年前の種子だということが判明しました。

そして、その種子を育ててみると32000年ぶりに見事に開花
そして1年後 種をつけた。

ナデシコ科 スガワラビランジ

普段気にも留めない植物の種子
しかし、私の想像を超える神秘の世界が隠されている!

スイカの生存戦略

他の果物や植物などには種の位置が真ん中に来ていることが多い
でもスイカは全体的にちらばりどちらかというと真ん中にはない。

スイカの原産地=アフリアの中部の砂漠地帯

過酷な環境のためそこでは植物はおろか動物さえもほとんど生活できない。
そのためスイカは、数少ない動物たちに種を運んでもらうため種をばらばらに配置
鳥などはスイカを食べようと知るとすぐ種を飲み込んでしまう。
その上、水かは真ん中行くほど甘くなるので必然的に種を食べてしまうことになる。

そして、胃に入ったスイカの種は、硬いガラス質に覆われているため
なかなか消化されて溶けず遠くまで運んでもらえることになる。
そして、スイカは生きにくい砂漠を脱出しより広範囲に生息地を広げた。

テッポウウリの生存戦略


Youtubeni動画ありましたので・・・

種を勢いよく発射させて遠くへ飛ばす戦略!
時速200km 飛距離3mにもなるそうです。

身の中に豊富な水分をため込んで皮に圧力をかけてペットボトルロケットみたいに飛び
中の種子をまき散らすのである。

 

静岡大学農学部 稲垣 栄洋教授の話題の著書

スイカのタネはなぜ散らばっているのか: タネたちのすごい戦略

新品価格
¥1,404から
(2018/4/6 08:25時点)

雑草の成長戦略


雑草の下には、シードバンクと言われる種生集団がいて
土が覆っている間は目が出ないけど雑草が抜かれて埋もれていたものが
空気や日に当たり出し目を出す。
抜けば抜くほど増えてしまうそうです。

ほかにランナーで増殖するタイプもあると思います・・・?
根が残っていたら延々と増えていく・・・

雑草は、表面じゃなくて土の中から改善しないとだめなんですね!?

雑草の種は上空1000mくらいでも飛んでいるそうなので
高層マンションなどでも雑草が生えてきてしまうことも普通にあるそうです。
アリなどが運んでいる場合もあります。

ひまわりの生存戦略

ひまわりの種はなぜシマシマか?
白黒の縞模様・・・そもそも種じゃない? 殻である。
何故シマかというとネズミに見つけてもらいやすくしている。

ひまわりの種が大好物のネズミは冬に備えて種を地中に埋める。
でも埋め過ぎてどこに埋めたか忘れてしまい・・・そのうっかり待ち
忘れ去られた種が時期が来ると芽を出し生息範囲を広める。

そしてひまわりの種 フィボナッチ数列で並んでいる。
限りのある範囲で効率よく並べられている。

コーヒー豆の生存戦略

コーヒ豆の苦みの戦略
アカネ科のコーヒーの木の種が珈琲豆
コーヒー豆は、動物に食べられることで生存範囲を広める。
哺乳類などの動物は葉で種を砕いてしまうので
種を丸呑みする取りに生存戦略を託す!?
そのために珈琲豆が身につけた戦略が毒性物質のカフェイン
哺乳類はカフェインはきらいだけど鳥類は苦みを感じない。
しいていうなら辛味もかんじない!?

コーヒーの実が赤いのは鳥が識別しやすい色になっている。

そういえば、ジャコウネコ コーヒー豆があるので・・・
哺乳類全般が苦手という訳ではないですね?

落花生の生存戦略

落花生 ピーナッツ美味しいですよね・・・
落花生の殻は、生存戦略には必須の役目を果たす。

他の多くのマメ科の植物は、地上に実がなるが落花生は地中に実をなる。
理由は・・・号の瞬間を待っている。

落花生の原産地は アンデス山脈(南アメリカ)付近の乾燥地帯
乾燥地帯だが時々豪雨が降り濁流で土壌を流す。
落花生は、これにのって広範囲に種を移動させるため浮きやすいからになっている。

ユーカリの恐怖の生存戦略

オーストラリアの森林の3/4を占めているユーカリ
生存戦略 それは、山火事
ユーカリの木は、引火性物質(テルペン)を空気中に放出して山火事を促進
そして他の植物を焼き尽くす。

一方、ユーカリの種は、高熱・煙で発芽が促進され山火事と共に発芽しだす。
そして、焼け野原を独占して生息範囲を広めてきた・・・

キウイの生存戦略

キウイたべるとしんどくなります・・?
キウイをたべると舌がとけているせいだそうです。

たんぱく質を溶かすとは聞きますよね!?
お肉などを柔らかくするためにとかに使ったりすると思われますが・・・

甘い香りで猿をおびき寄せて食べさせ生息地地域を広めてきた。
でも、おなじ行動範囲のさるばかりに食べられても広がることはないので
出来るだけいろんなサルに食べてもらうために下を溶かしあまり食べられないようにしている。
そして、他のサルにも食べるチャンスを広げている。

舌が溶ける・・・キウイにはたんぱく質分解酵素が含まれているせいである。
そのため下の表面が溶けてしますのです。

スミレの生存戦略

街中のコンクリートの割れ目によく生えているスミレの戦略
スミレの種には・・・
エライオソーム=脂肪・アミノ酸を含む栄養分 が種の周りについてる。

これをアリが餌として巣に持ち帰る。
持ち帰っても地中深くにもっていかれるので発芽ができない・・・
でもアリは、エライオソムを食べるとのこりはゴミなので巣から出してしまう。
アリは、岩の割れ目などによく巣をつくるので巣の外に持ち出された種が
岩の割れ目などに目をだして繁殖は範囲を広めてきた。

アリの巣の周りはほかに栄養となるゴミが捨てられるので育つ環境は抜群である。

マツバボタンの生存戦略

花びらが落ちるとお椀のようになっている中に種があり
そこに雨粒が生きよ意欲はいることではじけ飛んで生存範囲を広げてきた。

ランの生存戦略

ランひとつの花から数十万個の種を作る。
1粒1㎜以下であるため自ら発芽できるほどの栄養を蓄えれない。
そのため菌やバクテリアを寄生させて
その菌から栄養素を吸い取られる前に吸い尽くして発芽する。

ガジュマルの生存戦略

成長すると20m以上大木に成長するが種は数㎜で
ジャングルで生き残るために他の木の上で発芽して成長するにつれて
その気に巻き付いていき最後は木を絞め殺してガジュマル木に成り代わる。
そのため隙間だらけの大木になっている・・・?