あなたの知らないクラゲの世界 神秘の生き物の生存戦略・・・

スポンサーリンク

あなたの知らないクラゲの世界 神秘の生き物の生存戦略・・・

空前絶後のクラゲ人気!?

海遊館でクラゲスポット 海月銀河がオープン
幻想的な空間的に300以上のクラゲが漂う。

全国的にもクラゲの特別展などをしていたりにぎわっています。

人気の秘密は 神秘的な見た目

世界には3000種類以上もクラゲが居るといわれています。
見た目もふしぎですが見ため以上に生物学的にも不思議である。

クラゲには 心臓も脳もなくからだの95%は水でできており全身が心臓であり脳の代わりをしている。
クラゲがの独特の動きは、全身を動かして心臓のポンプ変わりして栄養を送っている。
また、体中に神経が張り巡らされているので刺激を受けると反射的に体が動く。

クラゲは、考えることなく体にプログラムされたことだけを実行し3億年以上もの厳しい自然界を生きている。
分類上は、プランクトンに定義されています。

中華料理などで食べるくらげは 東南アジアに生息している根口くらげの仲間

※海遊館 クラゲ研究員 村井貴史さんのお話

ハリトレフィス 通称:花火クラゲ

生息地 メキシコの深海 花火クラゲともいわれています。

※ボリューム注意

地中海イボクラゲ 通称:目玉焼きクラゲ

※ボリューム注意

クラゲの生存戦略

クラゲは、5段階の変身を遂げる。

  • 第一段階 プラヌラ幼生
    卵から生まれた状態 0.2㎜ほどの大きさ
  • 第二段階 ポリプ
    0.2㎜の大きさで海に放り出されたら魚の恰好のえさなので岩陰とかで成長します。
  • 第三段階 ストロビラ
    唐がだんだん避け始め クローンを作り分裂していく。
  • 第四段階 エフィラ
    分裂した一匹一匹が大きくなり見慣れたクラゲになっていく。
  • 第五段階 メデューサ

多くの生き物は 多く玉を生み子孫を増やしていくが
くらげは、卵を産んでクローンを作り子孫を増やす生存戦略で生き抜いている。

カツオノエボシ 通称:電気くらげ

傘の大きさ 約10㎝ 太平洋などに広く分布
触手から毒針が発射され魚は強烈な電撃を浴びたような刺激があり電気くらげと呼ばれている。

カツオノエボシは、1匹ではなく無数のクラゲの集合体で1匹となっているように見えている。
小さなくらげは大海原で生きていくにはリスクがありすぎるので集合体になりそれぞれの役割を果たして生きている。

浮袋担当や生殖担当、捕食担当などそれぞれの場所で役割が違う。
それぞれの個体は小さな穴でつながっていて栄養などはその穴から送られる。

うりくらげ

10cm~20㎝ 太平洋などに広く分布
体の周りにミクロの体毛がありそれを動かして泳ぐ

生存戦略 同じグループに属する見た目もほぼ同じカブトクラゲを丸呑みして必要な栄養素を摂取して生き抜いている。

食べ物を限定するのはギャンブルのような戦略でもあります。

サカサクラゲ

※ボリューム注意

傘の大きさ10~15㎝ 生息地 九州以南 泳ぐときもさかさま

少し濁った色をしていますがその理由は寄生虫 褐虫藻に寄生されているから。
褐虫藻は光合成をし余った栄養をサカサクラゲに送っている。
褐虫藻がよりよく光合成をできるようにさかさまになって泳いでいるからである。

寄生されていないサカサクラゲは きれいな青みがかった透明のクラゲです。

ムラサキカムリクラゲ 通称:警報クラゲ

傘の大きさ10~17㎝ 生息地1000~1400の深海

ムラサキカムリクラゲの捕食者からの攻撃をうけるとより大きな捕食者を呼び寄せるために発行して生き延びる生存戦略である。

キロネックス クラゲ界の暴君

傘のおおきさ40㎝~50㎝ 生息地 オーストラリア

クラゲの中でも最も進化したクラゲといわれています。
傘の部分に高性能な目を4つもっており 秒速2mで泳ぐくことが可能!
オリンピック競泳自由形の世界記録と同じくらいの速さなので逃げれない。

そして最大の特徴は猛毒 地球上のなかでも屈指の強さの猛毒だそうで1分で死亡することもあるそうです。
キロネックスで塩部した人の数 5567人

海水浴で遭遇する可能性も十分にあるそうで…
沖縄にいるハブクラゲもキロネックスの仲間だそうです。

パレオ・ジェリーフィッシュレイクに住むタコクラゲの異変

※イメージ タコクラゲ

パレオ・ジェリーフィッシュレイクに住むタコクラゲは、エサ・天敵が居なさ過ぎて
触手が退化して毒がほぼなくなってしまった。

栄養は寄生虫から100%依存しています。

医療の世界で活躍するクラゲ

クラゲは神秘の可能性もあります。

  • オワンクラゲ 10㎝~20㎝ 日本各地にいます。
    特徴は 刺激を受けると傘の縁が緑色に光る。
    この光は、GFPという蛍光たんぱく質というのもので
    GFPを藩細胞にだけ反応させるようにして特殊な光を当てると
    がん細胞が光るので取りこぼしが無くなる可能性があります。
  • 不老不死・・・
    ベニクラゲ 体長1㎝ 生息地 温帯熱帯地域
    生体→幼児化→生体→幼児化
    命の危機を感じると幼児化してやり直すそうです。
  • エチゼンクラゲ 退場2m 重さ100kg 生息地日本
    両氏を悩ませているくらげ

    2008年 理化学研究所でクニウムチンというねばねばの新物質が発見された。
    クニウムチン 日本に700万にいるといわれている変形性関節症の治療に効果があるといわれています。

    変形性関節症は、加齢やケガで歩行困難になる病気でこれまで根本的な治療法が確立されていなかった。
    クニウムチンを潤滑剤にすることで大幅に改善できるといわれているそうです。

    未知の生物 コブエイレネクラゲの真実

    自然界でいまだに目撃例が出ないクラゲ・・・

    水族館でしか目撃例のない不思議なクラゲだそうで・・・
    水族館で新種がうまれた?

     
    1992年に水槽で発見されて以来、自然界では1匹も見つかってないだそうで・・・

    アカクラゲは、触るとくしゃみが止まらなくなるのでハクションクラゲといわれているそうです。
     

    ※動画は、公式などのをYoutubeから掲載していますが何か問題がありましたらご連絡ください。

    植物・動物・生物
    スポンサーリンク
    jyankをフォローする
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    最新情報をお届けします。
    じゃんくstory

    コメント