閏年って・・・4年に1度だけ来るものじゃないのか・・・2000年問題もそういうことだったんですね!?

スポンサーリンク

閏年って 4年に一度のもの・・・?

2月29日・・・

私は・・・

閏年 4年に一度、2月29日が単純にある思っていました。。。

えっ!?  そんなんも知らんの・・・

って言わないでね。。。みんな知っていることなのか?

閏年ってなんであるのか・・・

1年は・・・365日ですよね。

でも実際は、365.2422日だそうです。

その、0.2422日の誤差はを埋めるためにあるみたいです。

0.2422日 × 4年 = 0.9688

でも若干足りませんね。 1日に・・・・

まぁここまでは・・・

閏年は・・・4年に一度じゃない!?

現在のカレンダーは『グレゴリオ暦』
太陽暦で地球の周りを回る周期をあらわしたものだそうです。

1日 ÷ (1-0.9688) =  32.0512回(閏年が)・・・

32.0512 × 4倍 = 128.205年

1日少なく誤差が出てしまいますよね。

その御差を埋めるために

閏年判定方法
.年が「4の倍数」でない ⇒ 平年
年が「4の倍数」である ⇒ 

.年が「100の倍数」でない ⇒ 閏年
年が「100の倍数」である ⇒ 

.年が「400の倍数」でない ⇒ 平年
年が「400の倍数」である ⇒ 閏年

で判定しているそうです。

2000年問題・・・

単純に・・・世紀が変わるからだけかと思っていました。

パソコンができて 100年もたっていたなかったし・・・

当時のコンピューターは、4桁じゃなく 下2ケダだけで処理していたみたいです。

1999年 ⇒ 99年  2000年 ⇒ 00年

とって 1900年 2000年といことで問題が出たみたいですね。

2000年問題・・・ちゃんと処理されたんでしょね!?

興味なかったからか知りませんが 特に問題があったようにも?

エンジニアさんが頑張ってくれたんですね?

閏年の回数

4の倍数がすべて閏年なら・・・

西暦1年~西暦400年の間に閏年が100回来ますが

判定方法で 西暦100年 200年 300年が平年になりますので

合計、97回が閏年が来ることになります。

そこで、先ほどの2000年問題

1900年は 平年  2000年が 閏年・・・

下二けたで処理されていたから・・・ここでも判別不能になってしまいますね。

グレゴリオ暦・・・

ってことで・・・

3300年に1日のずれしか出ないんですって・・・

常識だったら・・・すいません。 私には新鮮だったので・・・

参考文献
超面白くて眠れなくなる数学  桜井進著
2011年8月8日 第一般第一刷発行

知っ得・雑学など
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
じゃんくstory

コメント