毎年おなじみのマグロの初競り「すしざんまい3.3億円」木村社長やりすぎたと少し後悔!?

スポンサーリンク

毎年おなじみのマグロの初競り「すしざんまい3・3億円

築地から移転した豊洲市場で初の新年最初の取引「初競り」が5日早朝あったみたいですが…

最近では初競りといえば、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)

一番マグロを3億3360万円で競り落としたそうです。

これまでの最高額

青森県大間産の生の本マグロ
278キログラム
キロ単価120万円

13年に同じく喜代村が落札した222キロ
青森県大間産クロマグロ
1億5540万円
キロ単価70万円

2倍以上更新した。

あれ、イメージ的に毎年競り落としていると思っていたら6年ぶりなんですかね。

素人のイメージが「すしざんまい」になっているということは宣伝は少なからず成功していますね。

小池百合子都知事もせりの中心にいたそうで…一瞬驚き、その後、満面の笑みに

落札した喜代村の木村清社長は
「え~?そんなに。やっちゃったね。やりすぎちゃった。5000万~6000万円くらいと思っていた。すぐ銀行さん行かないと」と、ちょっぴり反省

木村社長は一方で、豊洲での初競りについては、
「ちょっと(築地に比べマグロも人も)少ないね。いいマグロあまりなかったのかな」と寂しげな表情も。豊洲の未来に期待していた。

寿司一貫の真グルの量 だいたい15g位になるそうです。
店の方針で大木ぶれたりもしますが…

マグロ1kgで約67貫できるとして…
キロ単価120万円

一巻 17,910円 お金持ちの人なら食べそうですね!?

赤字覚悟で提供すると思いますが・・・?

2016年度の売上高は259億円だそうですので…
営業利益から考えると安いのか高いのか?

利益の中でやっているのなら、高いがいい宣伝ですね!?

知っ得・雑学など
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
じゃんくstory

コメント