柑橘系の果物を甘くする方法!? 果物をよく揉む人がいますが、あれは皮を剥きやすきている!?甘さを増すために表面を傷つけてる!?

スポンサーリンク

柑橘系の果物を甘くする方法!?

食べる前によく揉む!?

柑橘系・・・

よく食べるのは安いミカンだったりしますので・・・
すでに甘くなってしまっている状態で売られていることが多いですよね!?

でも食べる前によく揉む人がいますよね!?

あれ、なんで?

  • 皮と身を剥きやすすくするために揉む
  • 甘さを増すために適度に傷をつけてる

結構、どっちも正解ぽいきがしますね。

もみもみすると甘くなる!?

ミカンではなくグレープフルーツやはっさくは、酸っぱいですよね?

でもその酸っぱさがいいんじゃないか!っていう人も・・・
砂糖などかけて食べる人もいますしね!?

グレープフルーツとか、
10分以上モミモミし続けると甘くなるみたいですよ!?

自転車等のかごに入れてのったり壁当てを軽めに10分以上やってから、
食べてみると甘くなっているみたいです。

適度に作業時間なども関係するようです。

これ、周りに傷がついてそのを修復するために内部の酸っぱい成分クエン酸が使用され
クエン酸の含有量が減って甘さが際立つそうです。

じゃ、輸送で十分甘くなるじゃないかって?
適度に動き回って傷がつかないとだめそうですね・・・?

すでに皆さん知っている知識でしたね。

植物・動物・生物
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
じゃんくstory

コメント