スポンサーリンク

呪術廻戦 虎杖悠仁の出身地 毒に耐性がある理由 「お前(真人)は俺だ」といった理由!?と多治比真人or反正天皇

スポンサーリンク

呪術廻戦 虎杖悠仁の出身地 毒に耐性がある理由 「お前(真人)は俺だ」といった理由!?と多治比真人or反正天皇

虎杖悠仁の出身地

植物のイタドリは、古い記録で”たじひ”とも呼ばれていた。
漢字で書くと丹比や多治比、これは丹波に由来する。

福島県には丹治「たじひ」と読む家が多く、「たんじ」と読まれることもまれにある。

福島県には丹治さんも多い。
「たじひ」と読む家が多く、まれに「たんじ」とも読む。

多治比は、丹治の異形

多治比の由来する地域
福島県白河市、山口県、東京都
福島県白河市双石新田、山口県大島郡周防大島町日見に分布

福島県白河市双石新田

「多治比」(たじひ)さんの名字の由来、語源、分布。 - 日本姓氏語源辞典・人名力
多治比: 福島県白河市、山口県、東京都。丹治の異形。福島県白河市双石新田、山口県大島郡周防大島町日見に分布あり。丹治タンジ参照。…

虎杖悠仁の毒の耐性

出身地の所にも記載しているが「たじひ」とはと植物のイタドリです。
植物のイタドリ(別称・スカンポ/酸模)、噛むと酸っぱい味がするそうです。

イタドリは、”虎杖”や”蝮”とも書く。
別名のタジヒ、マムシの古名、模様がマムシに似ることからと
タデ科の雑草「タデ食う虫も好き好き」のタデの一種のイタドリをいう二つの意味がある。

蛇信仰
毒蛇、蝮などは、強烈な生命力とその毒で相手を一撃の下に倒すしことから相乗効果を持って蛇を祖先神にまで高められていた。

イタドリの新芽に含まれる酸味には肝臓の働きを助けて体をデトックス、利尿作用によって排出を促す。
乾燥させた根は、虎杖(こじょう)とよばれ、便秘や月経不順、膀胱炎の改善に効果を発揮してくれる漢方として、昔から扱われてきた。
乾燥させた根と甘草を合わせて、咳を止める漢方薬としても利用されたり、葉に止血作用があったり、傷の傷みを和らげてくれる効果がある植物として「イタドリ」の名前がついたともいわれています。

【イタドリとは?】成分や効果・効能、食べ方は? - HORTI 〜ホルティ〜 by GreenSnap
普段、私たちがなにげなく目にしている植物の中には、体や心の健康を整えてくれるものがあります。土手や空き地に生えているイタドリもその1つです。 今回は、イタドリについて、成分や効果・効能、駆除方法や食べ方についてまとめました。 イタドリとはどんな植物?学名・原産国・英語は?

「お前(真人)は俺だ」と多治比真人「虎杖&福島県」

「お前(真人)は俺だ」

多治比氏(たじひうじ)は、「多治比」を氏の名とする氏族

たじひうじ→たじひぃうじ→たじひゆうじ→いたどりゆうじ…違うか

氏姓・多治比真人
氏祖・多治比古王

多治比古王の子嶋は697年(73歳)に臣下最高位の左大臣となるなど大臣職を長く務め、当時政界の「最長老」であった。

多治比真人→虎杖真人=虎杖悠仁・・・違うか

反正天皇=虎杖悠仁 そして福島へ!?

反正天皇(はんぜいてんのう)
5世紀前半に実在したと見られる天皇

反正天皇の末裔か

古墳時代中ごろの5世紀前半、反正(はんぜい)天皇が丹比柴籬宮(たじひしばがきのみや)で即位したと伝えています。

丹比=虎杖

秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1男子
悠仁親王(ひさひとしんのう)からも来ているのかな?

天皇関連と結びつきが強いのかな?

呪いの王・宿儺 vs 祓いの王・悠仁天皇

反正は、身長2メートル77センチもある長身で、その歯の長さも3センチという信じられない数値が見られます。
これは、水歯別という反正の名前から、ことさら歯が立派で、珠を貫いたようにきれいであったと伝えられていたからだそうです。
天皇は、60歳で亡くなり、堺市の百舌鳥に葬られたとあります。

7 反正天皇と丹比柴籬宮|松原市
丹比柴離宮伝承地の跡に建てられた柴離神社(上田7丁目)

天皇は「多遅比(たじひ)」と名乗って霊意を得ようと願い、自らを記念して少数の庶民に多治比という姓を与えた。
こういう人々を御名代部(みなしろべ)という。
天皇から多治比という姓をいただいた人々はこれを子孫に伝え、丹治とも書くようになった。
福島県には、13世紀以前には移り住んでいた。
多くは神主として京畿からやって来た。
京畿では衰退したが、福島県では大いに栄えて一族を増やした。
家紋は名字にちなんで「虎杖」を愛用し、「剣片喰」なども使う。

全国名字めぐりの旅 第62回 福島県(11)
「日本最大の名字・名前・家系図・家紋+お寺・神社」専門ニュースチャンネルです。全国名字めぐりの旅 第62回 福島県(11) 運営:ルーツ製作委員会,株式会社リクスタ 代表:小山和子
ご由緒 - 丹比神社
多治比氏 - Wikipedia

コメント

タイトルとURLをコピーしました